2020
[356]
味覚センサ
都甲 潔
2020版 薄膜作成応用ハンドブック,1296-1301(2020)
[355]
味と匂いを測る
都甲 潔
ATI News,28,2-7(2020)
[354]
味覚センサの開発と現状
都甲 潔
科学と工業,94(4),79-87(2020)
[353]
Taste Sensor: Electronic Tongue with Lipid Membranes
Xiao Wu, Yusuke Tahara, Rui Yatabe and Kiyoshi Toko
Analytical Sciences,36,147-159(2020)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/analsci/36/2/36_19R008/_pdf/-char/en
2019
[352]
味を可視化する
都甲 潔
日本醸造協会誌,114(12),749(2019)
[351]
AIを用いた人工嗅覚システムの開発
都甲 潔
AROMA RESEARCH,20(4),10-15,フレグランスジャーナル社(2019)
通巻No.80,298-303
[349]
ISOEN2019学会報告
都甲 潔
AROMA RESEARCH,20,3,85-87(2019)
通巻No.79,277-279
[348]
味と匂いのセンシングの現状と展開(1)~(4)
都甲 潔
センサイトWEBジャーナル,7月特集(2019)
[347]
人工嗅覚システム
都甲 潔
Clinical Neuroscience 別冊,37(12),1440-1443(2019)
[346]
匂いセンシングの最先端技術と今後の展望
小野寺 武
検査技術,24,7,1-7(2019)
[345]
第5章 医療・健康にかかわる水センシング
小野寺 武
暮らしと人を見守る水センシング技術(暮らしと人を見守る水センシング技術研究調査委員会 監修)(2019)
[344]
塩味エンハンス効果等の味の相互作用の数値化
都甲 潔
月刊フードケミカル,4,33-40(2019)
[343]
匂いセンサ最前線
都甲 潔
センサイトWEBジャーナル,特集,2019.01.08(2019)
2018
[342]
Nanobiosensors for Gustatory and Olfactory Senses. In: H.S. Nalwa (ed)
Takeshi Onodera, Yusuke Tahara, Rui Yatabe and Kiyoshi Toko
Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology,vol.28, American Scientific Publishers, USA, 363-385 (2018)
[341]
電気化学インピーダンス法を用いた匂い物質の計測
都甲 潔
電気化学インピーダンス測定のデータ解析手法と事例集,465-471,(2018)
[339]
がんの匂いセンサ開発に向けての研究
園田英人,沖 英次,田中 充,松井利郎,小野寺 武,都甲 潔,佐藤悠二,前原喜彦
日本外科学会雑誌,119(3),272-277(2018)