2014
[294]
匂いセンサの開発と応用
都甲 潔
未踏科学技術,464,8-11(2014)
[293]
低カロリー食材でおいしさを実現―味の数値化技術の応用―
都甲 潔
食品と科学,56(5),57-63,㈱食品と科学社(2014)
[292]
味覚・嗅覚センサ研究開発センターの設立にあたり
都甲 潔
日本味と匂学会誌,21(1),1-2(2014)
[291]
ケミカルセンサ国際会議のトピックスと研究開発動向
田原 祐助
バイオインダストリー,31(4),77-81(2014)
[290]
味覚と嗅覚に関する感性バイオセンサ
[289]
味覚と嗅覚に関する感性バイオセンサの最前線    -次世代型センサの開発と医薬品への応用を中心にして-
内田享弘,都甲 潔
薬学雑誌,134(3),305-306(2014)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/yakushi/134/3/134_13-00234-F/_article/-char/ja/
[288]
五感(味覚・嗅覚)センサ
都甲 潔
電気学会誌,134(3),148-151(2014)
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/ieejjournal/134/3/_contents/-char/ja/
[287]
巻頭言 嗅覚センサの難しさと可能性
都甲 潔
応用物理,83(1),9-10(2014)
[286]
味覚センサー膜・匂いセンサー膜
都甲 潔
機能材料,34(1),25-31(2014)
[285]
おいしさを科学する-味覚センサと匂いセンサ-
都甲 潔
栄養教諭,winter,6-13(2014)
[284]
Biochemical Property
Kiyoshi Toko
Physical and Biological Properties of Agricultural Products,§9.1,§ 9.2 ,307-325,Kyoto University Press(2014)
2013
[283]
味覚・嗅覚を情報化する有機センサ
都甲 潔
M&BE(応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会会誌),24(3),173-178(2013)
[282]
Biochemical Sensors
editor. K.Toko
Biochemical Sensors: MimickingGustatory and Olfactory Senses, Pan Stanford Publishing, Singspore(2013)
[281]
Nano-Biosensors for Mimicking Gustatory and Olfactory Senses
Kiyoshi Toko, Takeshi Onodera, Yusuke Tahara
Bio-Nanotecnology:A Revolution in Food,Biomedical and Health Sciences,270-291,Wiley-Blackwell(2013)
[280]
「科学の舌」で探るうま味の秘密
都甲 潔
NARASIA Q,4,21-25(2013)
[279]
におい・味覚センサを活用した研究開発テーマの発掘
都甲 潔/分担
技術シーズを活用した研究開発テーマの発掘,第12章,第10節,544-548,技術情報協会(2013)
[278]
Electoronic Tongues-A Review
Yusuke Tahara,Kiyoshi Toko
IEEE SENSORS JOURNAL,13(8),3001-3011(2013)
[277]
味覚センサ
都甲 潔
月刊フードケミカル,50-56(2013)
[276]
おいしさを左右する元素
都甲 潔
別冊化学,49-52(2013)
[275]
味は機械でもわかりますか?
都甲 潔
Clinical Neuroscience 別冊,31(3),371(2013)